子育てとは

子育てについて

子供にとって親の存在はある意味絶対です。 ですから、親が子供に言って聞かせることは、それは正しくてもそうではなくても子供は信じてしまいます。 同じように、親の言葉遣いや価値観、行動、仕草なども自然に良くも悪くも子供にうつってしまいますので注意が必要です。 「子供を見れば親が分かる」という古くからある言葉は、ある意味正解なのです。 自分がかつて子供だった時、あなたは自分の親に何を望んでいましたか? 反対に、何をされたり言われたら嫌だったでしょうか?

自分が親になって初めて分かることも多いものです。 過去を振り返り、自分の親がどうして口酸っぱくして自分に注意していたのかもこの時初めて分かったりします。 その上で、自分が子供時代に求めていたことを、是非お子さんにしてあげて頂きたいと思います。 そして、親子の間で一番大切なこととは、「信頼」です。 子供に嘘をつく子になってほしくないなら、自分も子供に対して嘘をついてはいけません。 自分のことを棚に上げて、子供ばかり叱ったり命令したりする親はどうでしょうか?

これもやっぱり、親子信頼を築くのを遠ざけてしまう行為です。 当たり前ですが、例え相手が子供であっても、自分が間違っていた時はちゃんと謝るべきです。 約束を守れなくなった時は、その理由をちゃんと子供に伝えるべきです。 これができない親を、子供が心底信頼するわけがありません。 ここでは、子育てする時に注意したいことを紹介します。